化粧品も販売

多くの人が夏よりも冬の方が、皮膚の痒みを訴えます。
それは、冬は空気が乾燥することで、皮膚の水分も奪われやすくなるからです。
加えて、痒みに耐えきれず、掻いてしまうことで皮膚に細かな傷ができることと、バリア機能が低下することによって、さらに乾燥を引き起こす原因となります。
このような乾燥肌はひどくなると、掻いてしまったその傷口から感染を起こし、受診が必要な場合もあります。
病院における皮膚科では、皮膚の状態によってステロイドが処方されますが、保湿だけで改善できる場合には保湿剤を処方するのが一般的です。
なぜなら、ステロイドは効果が高いですが、長期的に使用することによって副作用を生じる可能性があるからです。

このような皮膚の痒みによる苦痛は、保湿をすることで予防することが可能です。
保湿には、ローションやクリームなど、様々な種類がありますが、どこに塗布するかや乾燥の進み具合によって使い分けると良いです。
ローションはのびが良いので、広範囲に使用する場合には大変便利です。
一方、クリームは保湿力がローションよりも優れている場合が多く、より乾燥しやすい部分に使用すると効果が実感しやすいです。
いずれもお風呂上りなどの清潔な肌に使用し、塗る際は擦らないことがポイントです。
一方、痒みがひどく掻いてしまった場合には、市販でもステロイドが売られています。
購入や使用の際には、薬局にいる薬剤師さんとよく相談して商品を選び、適切に使用することで、効果が得られます。