スタッフ全員女性

肌に何らかのトラブルが発生した場合、皮膚科で治療を行ってもらうのが一般的です。
しかし通常の皮膚科の他に美容皮膚科というものもあり、どちらへ行ったら良いか迷ってしまう人も少なくありません。
これらは同じように肌のトラブルに対処するものですが、大きな違いはその観点です。
つまり「美容」と付いている方は、「美容の観点から」の治療となるわけです。
例えば火傷の場合など、通常の病院では火傷そのものの治療となりますが、美容の方では火傷の痕を目立たなくする施術が主となるわけです。
このように同じ肌のトラブルを扱うとはいっても、内容に違いがあるのです。
ですので肌のどんなトラブルかによって、通院する病院を選ぶようにすると良いのです。

皮膚のトラブルというのは、原因や症状によって治療方法も変わってきます。
塗り薬のみで回復に向かうこともあれば、レーザーや手術による治療が必要な場合もあります。
中には通院せずとも、市販の薬で治せるようなものもあるのです。
そこで利用したいのが、薬の専門家である薬剤師の存在です。
近年では大手のドラッグストアや薬局などには、薬剤師が常勤しているところが多くあります。
そうしたところで肌の状態を見てもらったり相談することによって、病院へ行った方が良いか市販薬で様子を見るのかの、ある程度の判断をつけることが出来ます。
その結果、ムダな通院をしなくて済むことも多々あるのです。
とはいっても薬剤師は医師ではないので、あくまでも助言程度に受け取ることが大切です。